株式会社泉州エンジニアリング

お問い合わせフォーム

インターホン設備工事

INTERCOM

インターホン設備取替工事の必要性

マンションインターホンの寿命は約15年

毎日使用するインターホンは“常時稼動”しています。そのため、時間の経過とともに部品が劣化・磨耗し、故障の発生確率が高まります。経年劣化による部品の故障発生率は15年を境に急上昇します。設置後15年を経過したインターホンはお取り替えをご検討ください。

故障発生率グラフ

インターホンが故障すると…

  • 声が聞こえない
  • エントランスの開錠ができない
  • ノイズが聞こえる

設置後15年経過後故障が増加してきます。快適にお使いいただくために、早めのリニューアルをご検討ください。
一般社団法人インターホン工業会「既設のインターホン設備の更新について」

 

共用部のグレードアップで資産価値を向上

インターホンもマンション共用部のひとつであり、資産価値向上のひとつの鍵となる設備です。マンションの資産価値の維持・向上においてポイントとなるのは共用部のグレードアップと言われています。共用部のグレードアップとは…

  • セキュリティ
  • エクステリア
  • エントランス

などです。これらの設備、景観などを良くすることが資産価値を上げることに繋がります。
これをインターホンの取替えに当てはめると…

  セキュリティ  
インターホン本来の役割である訪問の応対以外に、部外者をマンション内に容易に侵入させないという役割も持っています。

  エントランス  
インターホンの更新は、共用部グレードアップのひとつであるエントランスの景観をよくするための必須条件と言えます。
 

不審者を侵入させないマンション

泥棒はインターホンで留守を確認共用部はマンション入居者以外でも自由に出入りができ、専用部は独立性が高いため、侵入されても周囲に気付かれにくいという危険性があります。したがって「不審者を侵入させない」ということが、マンションの防犯対策の基本となります。
そこで、インターホンのリニューアルによるセルフガードの強化が、いちばん身近でより効果の高い方法だといえます。

   最新のインターホン  

カラー画像/録画機能

空室対策として

賃貸住宅には単身者・学生などが入居される事が多く、防犯意識が高くなっています。お部屋探しの際には立地・賃料以上に設置されている設備が重要視されることもあります。少し駅から離れていても、多少賃料が高くても、防犯設備がしっかりしている物件は印象もよくなり、空室対策に効果的だといえます。

入居者が部屋探しの際に絶対条件と考える設備 (出典:全国賃貸住宅新聞 2010年)
単身者向け物件 順位 ファミリー向け物件
TVモニター付きインターホン(前回3位)↑ 第1位 追い炊き機能(前回1位)→
独立洗面台( - )NEW 第2位 独立洗面台( - )NEW
洗浄機能付き便座(前回6位)↑ 第3位 洗浄機能付き便座(前回4位)↑
エントランスのオートロック(前回4位→) 第4位 TVモニター付きインターホン(前回5位)↑
備え付け照明( - )NEW 第5位 システムキッチン(前回6位)↑
ブロードバンド無料(前回1位)↓ 第6位 エントランスのオートロック(前回8位→)
ガスコンロ(前回7位)→ 第7位 BS・CSアンテナ(前回10位)↑
BS・CSアンテナ(前回9位)↑ 第8位 ウォークインクローゼット( - )NEW
CATV(ケーブルテレビ)(前回8位)↓ 第9位 ガスコンロ(前回9位)→
ディンプルキー(前回10位)→ 第10位 CATV( - )NEW 備え付け照明( - )NEW

モニター付インターホンは人気設備!

取替工事の流れ

インターホン取替工事は下記のような流れで進行します。

インターホン取替工事の流れ

実際の施工例はこちらをご覧ください

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ