株式会社泉州エンジニアリング

お問い合わせフォーム

施工事例

RESULTS

工場消防設備新設工事(千葉県)

使用機器
使用機器一覧
施主 鉄鋼メーカー様(千葉県)
規模 敷地面積:160552m²
建家延面積:83982,158m²
用途 工場
工事・設備種別 不活性ガス(CO2)消火設備リニューアル工事(1・2期)、ハロンガス消火設備交換工事(3期)
納入年月 平成22年2月から平成23年7月

東京湾ウォーターフロントに広がるコンビナート群の一角にある当工場は、昭和47年に完成(1期)以来すでに40年近く経過し、この間製造・附帯設備も大きく進化及び変化しております。
これに呼応するように防災設備も確実性・安全性が問われています。
今回の工事は、これらを考慮した上で将来を見据えて防災設備全体のグレードアップを図りました。

 

【1期工事】
第1電気室(冷延建家:34632,64m²)
既設設備は3防護区画(電気室:1253m³・電気機器室:2123m³・オイルセラー室:748m³)製造システムの変化並びに進化に伴い電気機器室・オイルセラー室の消火設備を無くし、電気室のみに設置しました。(関連工事としてシャッター2面の交換・ダクト・ダンパーの新設・その他防火区画等の改修並びに守衛室への移報表示等を実施)

【2期工事】
第2電気室(冷延建家:34632,64m²)
既設設備は2防護区画(電気室:4230m³・ボイラー室:4125m³)1期工事と同様に今回ボイラー室の消火設備を無くすとともに、電気室の容(体)積が大きいため、電気室内に新たに防火区画を構築の上2区画(A区画:2565m³・B区画:1665m³)に設置を行いました。(関連工事としてシャッター1面の交換・ダクト・ダンパーの新設・誘導灯12個の新設・その他防火区画等の改修並びに守衛室への移報表示等を実施)

【3期工事】
第4電気室(第2表面処理建家:20260,137m²)
今回工事は、平成21年3月31日付「消防予第132号」による容器弁点検要領改正に伴う改修工事とし、また、管理上の問題(現在複数メーカーが混在)を解決するためメーカーを統一し、維持管理の軽減を図るためボンベメーカーを変更しました。

工場消防設備新設工事(千葉県)写真1
工場消防設備新設工事(千葉県)写真2
工場消防設備新設工事(千葉県)写真3

<<一覧へ戻る

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ