株式会社泉州エンジニアリング

お問い合わせフォーム

施工事例

RESULTS

工場消防設備新設工事(千葉県)

使用機器
使用機器一覧
施主 製鉄メーカー様(千葉県)
規模 敷地面積:176,443m²
建家延面積:94,572m²
用途 工場
工事・設備種別 自動火災報知設備、不活性ガス(CO2)の消火設備新設工事
納入年月 平成21年4月

御施主様の社内規定に基づき、防火対象物(圧延機)の重要性、特殊性を考慮した上で自主的に不活性(CO2)ガス消火設備を設置されました。
消火方式は圧延機リール、ミル内、ミル上部は局所放出方式、オイルセラー、コイルカーピット、ダクト、バキューム配管内は、全域放出方式を採用、また、火災感知、消火連動設備として圧延機、ダクト内に熱(耐圧防爆型)感知器、オイルセラー、コイルカーピット内に炎(赤外線式)感知器・熱(空気管式)感知器を設置し、個別警戒及び AND回路形成の上直近の操作室内に火災受信機、CO2操作盤を設置、緊急時の素早い対応に備えております。
また、圧延機のための電気室(別棟約322m²)にも自主的に消火、警報機器を設置、これらすべてを中継器盤経由の上管理棟1階保安室内の火災受信機及び総合防災操作盤(CRT)に信号(18点)が送出され、一元管理がなされています。

<<一覧へ戻る

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ